Creating Calm Network日本語版

穏やかなネットワークを作成する web サイトに立ち寄ってくれてありがとう。Oあなたの使命は、変化するです。 -感動、意欲、ヒーリングとホリスティックな健康的な生活と持続可能な地球のためのプログラミングの高揚を提供します。

 

-教師、コーチ、著者、サーカスの出演者、シャーマン、シェフ -私たちのホストは世界中からだけでなく、臨時に普通ちょうどあなたのような。私たちの使命に参加 - それは愛、健康、先見の明の光の世界を共同作成するグローバルなコミュニティです。

 

さあ - 1 杯の紅茶をつかむ、自分の時間のギフトを与える、私たちの感動的なホストとメッセージをチェックします。

 

 

 

生活様式、関係、女性と家族

 

 

 

穏やかなネットワークの作成は包括的なライフ スタイルと健康的な関係に高揚プログラムの機能を誇りに思います。これらのプログラムは、洞察力と最大平準化あなたの人生、あなたの関係とあなたの世界にインスピレーションを提供します。プログラムをチェック、ホストとの対話し、生きたい人生を作成するへのシフトに参加します。

 

 

 

 

美しいとエネルギッシュな環境を作成します。
仕事とエネルギーと活気に満ちての個人的な空間を作成する方法をだろうか?かどうかバラの完全なつぼはつぼのヒナギクの完全に異なるだろうか?花瓶に 4 または 5 のヒマワリがある場合それは問題ですか?
スーザン ・ ハインズに関する質問に回答スポケーン フローラル デザイナー、風水の専門家および個人的なタッチの花屋、番組では毎週、楽しいを作成して花と風水でエネルギッシュな環境の彼女の知識を共有し、。

 

 

 

 

生命とダンス
キャロル Woodliff作業の間、人間、精神的な怖いし、神聖なダンスについてです。彼女は共同ホスト、スーザン ・ ケイ Wyattによって結合されます。毎週このプログラム別の人間の挑戦を特徴し、私たちに私たちの自己の神聖な側面とダンスを奨励します。

 

新しいプログラム毎週水曜日。

 

 

 

ボディ、心および精神のための食糧
グロリア Piantek製品、レシピ、技術、食品の見事な探査にリスナーを取る楽しい事実とそんなに多く。偽りなくボディ、心および精神のための御馳走。

 

新しいプログラムは毎月の第 3 日曜日。

 

 

 

 

悲しみの文法
マスターのインタビュアー Uma Girishに私たちを紹介になった人たち目的に痛み。感動的な強力で感激。

 

新しいプログラム毎週木曜日です。

 

 

 

サンドラ ロングモアのたまり場
土曜日 2-4 pm pst ファイルを引き付ける方法とあなたの人生を完全に作成する方法に関するお客様と話してサンドラ ロングモアとハングアウトに招待は. @sandralongmore を持つエイジレス生活の芸術のコミュニティを結合することもできます。

 

 

 

 

心臓中心の知恵
ビバリー Banov ブラウンより、うれしそうな、愛と平和に人間の経験をすることができる方法のあらゆる側面を探る。

 

金曜日に新しいプログラム。

 

 

 

 

ライフ スタイルの著名人
Che'lisa意識のカジュアルな会話を共有します。彼女は彼女は考慮するいくつかの日常的英雄の多くのお客様の多様なグループをホストします。彼女は私たちの一人一人は英雄を感じています。

 

新しいプログラム毎週木曜日です。

 

 

 

 

奇跡と不思議ではダウンの下に
シャーマニズムのセージと精神的な言語学者は最善の努力あなたの日、あなたはどのように素晴らしいを反映する時間とステップの光善良に価値をもたらします。

 

新しいプログラム毎週月曜日。

 

 

 

 

以下を強調する、愛すること多く
人生はストレスに満ちています。私たちは私たちの生活にも私たちの家を残して - ベッドから抜け出すにストレスの度合いを必要があります。しかし、我々 は我々 を運ぶのストレスの量を制御できます。Uplifts 私たちの生活と私たちの世界でマニフェスト愛の増加ストレスを管理します。彼女は私たちの世界に私たちの生活とより多くの光と愛と笑いにより少ない圧力をもたらすことができる方法を示唆しているアン ・ ホワイトに参加します。

ファンデーションの歴史

ファンデーション(化粧下地)は江戸時代までの2000年近くは、「白粉(おしろい)」の文化が中心でした。

 

それは、和服や日本人の体形に合っていたということや、

 

真っ白な粉が作るのが簡単だったということもあり、一般的に普及していたためと考えられています。

 

 

現在の、肌の色に近い自然体な下地が普及し始めたのは、明治時代になってからです。

 

明治になり、西洋の文化が大量に日本に入ってきました。

 

文明開化などという言葉は有名です。

 

「ざんぎり頭」や、「洋品」などといわれる、西洋由来の出で立ちも流行しました。

 

その際、西洋風の色つきファンデーションも一緒に普及していきました。

 

ファッションに合うということも大きかったと考えられます。

 

黄色人種で「おしろい」が普及し、白色人種で「色つきファンデ」が主流となったのは面白い現象です。

 

 

 

その後、大正時代になると、女性が社会で働く機会が増えたり、洋装が一般化するようになり、

 

西洋風ナチュラルメイクがさらに普及していきました。

 

 

その後、昭和に入ると、粉ではなく、油性のリキッドタイプファンデーションが開発されるようになり、

 

さらにファンデーションが進化していきました。

 

戦後にアメリカの文化が流入すると、映画やテレビの女優が使った化粧品を多くの大衆が欲しがるというような

 

パターンが形成され、これまで以上に女性の化粧文化が浸透していきます。

 

 

このように、化粧のベースとなるファンデーションの進化は今も続いています。

 

最近では粉タイプでも、シルキーカバーのようなカバー力の高い商品が出てきています。

 

粉タイプの特徴である、肌へのやさしさを維持しつつ、カバー力も高めているのが特徴です。